西日本新聞社

425

金曜日

福岡
(あす)

晴

25℃12℃

佐賀
(あす)

晴

26℃13℃

大分
(あす)

晴

21℃10℃

熊本
(あす)

晴

26℃12℃

長崎
(あす)

晴のち曇

25℃14℃

宮崎
(あす)

晴時々曇

21℃11℃

鹿児島
(あす)

晴

24℃15℃

山口
(あす)

晴

24℃8℃

西日本新聞 医療・健康

九州の医療ニュース

がん患者・家族の「メッセージ」出版 命への思い、感謝などつづる

[キーワード]医療情報

[更新日時]2008年02月17日

 国民の3人に2人ががんを患う時代にあって、全国どこに住んでいても最適な医療を受けられる態勢の整備を求めて、全国の患者会が2005年から開いている「がん患者大集会」。広島市で昨夏あった第3回大集会に寄せられた手記を中心に編んだ「がん患者大集会 全国患者・家族のメッセージ」が出版された。

 「愛する家族への手紙」「わたしが救われたあなたの言葉」「患者の願い」の3部構成。医学的には不治の病でなくなったとはいえ、がんを告げられれば誰しも死を意識する。手術、放射線、抗がん剤...。それぞれの治療に臨みながら、限られた命を思い、家族や医療者、同じ病を患う仲間の愛や励ましを受けて精いっぱい生きる人、それを支える人の思いが詰まっている。

 告知を受けてやり切れない怒りのなか、周囲の励ましさえ疎ましく感じた気持ちをつづった人。乳がんの治療を受けて男児を出産、子どもが小学生になったことを心から喜ぶ人。29年の生涯を閉じた娘が書き残した感謝の手紙を紹介し、来るべき再会の日まで悔いなく生きたいと決意をしたためた人...。短く飾らない文章からは、病と向き合う人々の誠実な思いが伝わってくる。

 大集会は約50の患者会でつくる特定非営利活動法人(NPO法人)「がん患者団体支援機構」(俵萠子理事長)が主催。がん対策基本法(2007年4月施行)制定へのうねりを起こすなど政策へも影響を与えている。

 本書には、自宅でも十分な治療や緩和ケアを受けられることを望むアピールなど大集会の記録も収めてある。三省堂。1500円(税別)。

 (編集委員・田川大介)

【写真説明1】がん患者大集会[全国]患者・家族のメッセージ

=2008/02/17付 西日本新聞朝刊=