西日本新聞社

420

日曜日

福岡
(きょう)

雨のち曇

17℃

佐賀
(きょう)

曇

16℃

大分
(きょう)

雨時々止む

15℃

熊本
(きょう)

雨のち曇

19℃

長崎
(きょう)

雨のち曇

18℃

宮崎
(きょう)

雨

17℃

鹿児島
(きょう)

雨のち曇

20℃

山口
(きょう)

雨のち曇

17℃

西日本新聞 医療・健康

ドクターに聞く・Q&A

肋間神経痛はどんな病気?/背景にさまざまな疾患

[キーワード]神経内科

[更新日時]2007年08月19日

 あばら骨沿いに激しい痛みを感じることがあり、友人は「肋間(ろっかん)神経痛じゃないか」と言います。肋間神経痛とは、どんな病気なのでしょうか。病院で検査を受ける際は、どの科を受診すればいいかも教えてください。 (福岡県粕屋郡、34歳男性)

●吉良 潤一氏 九州大病院神経内科教授

 肋間神経痛という診断名は、日常の診療では漠然と使われているケースもありますが、病名ではなく症状名です。

 文字通り肋骨(ろっこつ)の間を、ビリビリと瞬間的な激痛が走る症状を指します。肋間神経は、脊髄(せきずい)から肋骨と肋骨の間の肋間筋沿いに延びていて、痛みの原因はさまざまです。

 例えば、脊髄や脊椎(せきつい)の病変の二次的症状。変形性脊椎症や椎間板ヘルニア、脊椎の腫瘍(しゅよう)などで肋間神経が圧迫され、痛みが出るケースなどです。

 ヘルペスウイルスによる帯状疱疹(たいじょうほうしん)の後遺症が原因の場合もあります。帯状疱疹は肋間神経沿いにできやすく、ぶつぶつが治まったあとに痛みが出ることがあります。糖尿病も原因の1つです。

 肋間神経痛に似た症状が出る疾患に、狭心症や心筋梗塞(こうそく)、胃かいよう、胆のうの結石、肝臓や胸、腎臓などの異常があり、注意が必要です。

 検査は、背骨のエックス線写真を撮って異常がなければ、磁気共鳴画像装置(MRI)で調べるのが一般的。原因疾患がはっきりしなければ、痛み止め、消炎鎮痛剤、鎮痛作用のある抗うつ剤などを組み合わせて対症療法をします。

 痛みが長引けば治りにくくなることもあります。神経内科や整形外科を早めに受診された方がいいでしょう。 (きら・じゅんいち=福岡市東区)

【写真説明1】吉良 潤一氏 九州大病院神経内科教授
【写真説明2】肋間神経

購読申込

このページの収録記事は、毎週日・月の西日本新聞朝刊で読めます。